気・血・津液チェック

 【かんたん体質(気・血・水)チェック】

該当するにチェックしてください。4つ以上あればそのタイプかも?

A 元気不足タイプ(気虚) B ストレスタイプ(気滞)
普段から眠気が強い お腹やわきが張りやすい
ふわふわ感やめまいがある ゲップやおならが出やすい
汗をかきやすい(全身や手のひら) 頑張りすぎてストレスをためやすい。
胃腸が弱く、胃もたれしやすい ため息をよくつく
ちょっと動くと、すぐに疲れる イライラしやすく、怒りっぽい
呼吸が浅く、すぐ息切れする 月経前に具合が悪くなりやすい
手足が冷えやすい 便秘気味(あるいは、下痢と便秘を繰り返す)
C 栄養不足タイプ(血虚) D ドロドロタイプ(お血)
皮膚や髪、肌が乾きやすい(ツヤがない) 顔色がくすみがち(赤紫色)
唇や爪の色が淡い、爪が割れやすい 唇が紫色(チアノーゼ)になる
髪や肌が乾燥しがち クマやおできができやすく、治りにくい
めまいやたちくらみ・貧血になりやすい 肩こりや頭痛がひどい
目がかすむ・視力の低下 脂肪肝など内臓に脂肪がある
眠りが浅い、よく夢を見る 生理痛がひどく、経血にレバーのような塊が出る
月経量の減少、遅れ 血中コレステロールや中性脂肪が多い
E ほてりタイプ(陰虚) F

むくみタイプ

   (痰飲・水毒)

手足がほてりがちで、汗をかきやすい 梅雨や天気の悪いときに体調が悪くなる
口や肌が乾燥しカサカサする。 めまいや頭痛・動悸がする・車酔いしやすい。
疲れると、夕方に微熱が出やすい 全身がむくみやすい(特に下半身)
不眠がち、または寝汗をかきやすい お腹を押すとぽちゃぽちゃ音がする
耳鳴りがする 頭や体が重だるい
便秘がち おりものが多い・または、痰やつばが多い
顔やほほがほてって赤い 水を飲んでも太りやす

   

A 元気不足タイプ(気虚)はエネルギー不足

      このタイプはエネルギーが不足している体質のため、。抵抗力や免疫力が

     落ちやすく体調を崩しやすくので、睡眠不足、過労、冷えには要注意です。

 

このタイプは胃腸が弱いので消化に良いもの温かいものを食べるように心がけましょう!

 

 

B ストレスタイプ(気滞)はエネルギーの滞り

 

こエネルギーは足りているけれど、その流れが滞っている

      張りや痛みを起こしやすく、ストレスが悪化の原因になります。

睡眠不足や不規則な生活や冷房による温度差から、

      自律神経失調症になりがちです。

 

マセラピーやストレッチなどがおすすめです。

 

 

C 栄養不足タイプ(血虚)は栄養不足で全身カサカサ状態

 

血液の量が不足していて、全身に栄養が行き渡らない状態、血色が悪く、髪や肌などが乾燥しがちで、寒さが苦手です。

 

寒さに弱いため冷房病によるめまいや食欲不振などの不調になりがち、頭寒足熱を心がけ、

足元を冷やさない様に特に血が足りない血虚タイプは、血を補う料理を摂るようにしましょう。

 

 

D ドロドロタイプ(お血)は血の巡りが悪くドロドロ血行不良

 

血液量十分あるのに、体内で血液の流れが悪くなっている状態。血虚や気虚、

気滞が原因で瘀血になる場合もあります。

女性は月経困難症が起きやすい傾向があり。血行不良につながる運動不足や、

冷房による冷えに要注意です。

 

血の巡りをよくしてくれる料理を取るようにしましょう。

 

 

E ほてりタイプ(陰虚)は、潤いがなく乾燥ぱさぱささん

 

このタイプは熱により水分が足りなくなっている状態です。

 

熱を取り除き潤いを補う料理をとるようにしましょう。

 

 

F むくみタイプ(痰飲・水毒)は、水の巡りが悪くポッチャリむくみがち

 

こ水分の代謝が悪くなり、体内に水分が余分がたまっている状態です。湿気と寒暖差に弱いので、

むくんでだるくなったり、めまいや頭痛を起こしやすいです。温度差に弱いので、

熱いお風呂やサウナはNGた、冷たい飲みものをガブガブ飲むのもNG

お湯や常温の飲みものをゆっくり飲むようにしましょう。

 

スクワットなど下半身の筋力を強化する運動や、余分な水分を出してくれる食事で改善しましょう。